遺産相続とは、其れによる相続税は・・?

先ず、遺産相続の遺産というのは、人が蓄財して残した遺産を次の世代に譲り渡したり受け継がせることを指します。 主なところは当人が亡くなった時に残される全ての財産のことになり、主には現在住んでいる、又は所持している土地や建物の不動産関係、其れに預貯金や有価証券、その他の財産になるべき資産のことになります。 ただ、忘れてはいけないものに借金や負債等の負の遺産なども含まれているのです。

特に、財産の所有者が死亡した場合は、其の財産を放置するわけにも行かず、かといってかってに国有化することも出来ないのです。 この様なときには、これらの財産の遺産相続を身内や家族などの次の代に譲り渡す事によって、私的財産権を維持する必要があるのです。 この場合、遺産相続の関連で若しも内容等に不服や不満がある場合は、最終的には裁判で争うことになります。

ただ財産に関する遺産相続に関しては当然ながら税金(相続税や贈与税)が発生しますが、この際には一般には配偶者が優遇され、特に、現在普通に住んでいる土地や建物の相続税は殆んど問題ないようですし、又、預貯金や株式などの相続税は3000万円と人数分が基礎控除されるので、それらの控除分を除いた額が税金の対象になるということです。

未分類

Posted by souzoku14