遺産相続トラブルは遺言状で回避する

遺産相続というのは身内同士だからこそすごく難しいものだと思います。
もし既に他の家族がなく遺産相続するのがたった一人な場合には揉める相手もなく心配する事はないから遺言状は特に必要のない場合もあるでしょう。
しかし普通は相続人は複数いるものです。
もし被相続人の意思だと示す遺言状があれば納得する遺産の分割も、相続人同士話し合ってお互い満足する配分に決めるのはキツイものです。
何故ならお金の絡む事ですからそこには利害関係があり、それまでの被相続人との関係も思うと誰もが納得する遺産分割というのは難しいのです。
遺言状は、被相続人が自分の財産をこういう理由があってこの人にこれだけ遺したいというのを書き残していけます。
そこに多少、相続人間にもらえる財産の差があってもそれが被相続人の意思なら仕方ないと受け入れられる部分が大きいでしょう。
遺言状を書く大きな意味というのはそこにあるといえます。
遺言状には付言事項というのがあります。
そこで家族へのこれまでの感謝など伝える場合が多いのですが、それがある事で遺言状の内容通りの遺産相続がスムーズになります。
ただでさえ揉めやすい遺産相続には考慮のある遺言状の存在は大切です。

未分類

Posted by souzoku14